忍者ブログ
**野望多きママブログ**
<< 11  2017/12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31    01 >>


2017/12/16 (Sat)                  [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/09/02 (Sun)                  ~仲間~出会いと別れ~
夏の日差しが眩しい日曜日ぴかぴか(新しい)波

午前中はゴスペルレッスンとリハで、
結婚して大阪に引っ越すバンド仲間の最後のレッスンの日でもありました。
10年近く一緒に歌ってきて、グループの中心的存在だった
キョーちゃん。 
同じ誕生日で、一緒に誕生日祝いをしてもらったこともある縁深い友達。
私に感謝の気持ちを教えてくれた、いつも笑顔あふれる大切な友達。
つらいときにいつも相談にのってくれて、
理性的に答えを一緒に考えてくれた、マイ・ソウルメイト。

来月からはもう一緒にゴスペル歌えないと思うと、
さびしくてさびしくて、今までのことをドドーーーっと
思い出して涙涙・・・
とても歌どころではありませんでしたが、
何者にもかえられない友情の尊さを感じました。

幸せになるんだよ~~ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)






名残惜しくも、午後からは、ユンボーのお仕事のセミナーが入っていたので、
移動。
今回は、ユンボーが本腰入れてのセミナー主催とあって、
気合い入ってました。^^

セミナーは一言でいうと、
感動・涙・鳥肌の連続でしたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

どうして、この場にあんなたくさんの素敵な笑顔の
方が来られたのか・・・

第一部は、
ミクシィのほうでお付き合いさせてもらっているチョイ悪オヤジ(笑)であり、
とても尊敬する経営コンサルタントのよしのりさんが
「本質」セミナーを開講。
自分自身が人として、「本質」をとらえているかどうかを試されました。

人の本質とは。
コミュニケーションの本質とは。
努力の本質とは。

いかに自分が、シンプルかつ、答えが一つしかないものを
見忘れているかに気づかされました。

日本語は奥深いですね。
短い言葉の中に、世界を動かすだけの大きなパワーを秘めています。

本当に自分は素直なのか、
正直なのか、
誠実なのか、
どんな境遇に生まれ育ったとしても、
両親に心からの感謝をしているのか、

根っこの部分を問いただしていただける貴重な機会となりました。

第二部は、日経流通産業新聞、実業界にも掲載され、
デロイト7位の実績を持つ、アジアで急成長しているユンボーの会社の
事業説明会。
九州で、ある有名な社長が取り組もうとしている事業で、
それよりも最先端をいっている、素晴らしいビジョンを持った内容です。
これがアジアに一番近いここ福岡で広がったら、すごいことになるぞ・・・
と直感しました

講師であるこれまたミクシィ友達の祐介さんは熊本の牛深出身で、
若干27歳なのですが、 
世界ランキング10位以内のリーダーで、
世の中を本気で、しかもさわやかに変えていこうとされていて、
その姿に多くの人の心が揺さぶられました。
自分の器の小ささを感じたと同時に、
そのような方と時間を過ごせたことは、本当に貴重な機会となりました。

何より、この会場の雰囲気がとてもピュアで、
でもそれは色々な思いや経験をした上での前向きさや素直さであって、
成長していきたい、
昨日よりも今日、今日よりも明日、
自分自身がまず幸せになり、
世の中のお役に立てる人間になりたい、
と強く望む方々ばかりだったように思います。

宮崎や佐世保からいらしている方、
ご夫婦でいらしている方、 
忙しいところを時間を作っていただいた方、
参加したくてたまらなかったのに、参加できなかった方々、
全ての方々に感謝の気持ちでいっぱいです!

若い力とベテランの力をつなぎ、
レバレッジ(=テコ)を利かすことで、
福岡の町を、いえ、九州全体を盛り上げていけたらと本気で思いました。




盛り上げてみたい方、ご興味ある方、いらっしゃいましたら、
喜んでシェアしたいと思っています♪♪

PR
// この記事にコメントする //
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[27]  [26]  [25]  [24]  [22]  [23]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17



Designed by TKTK
PHOTO by *05 free photo

忍者ブログ [PR]